地球・体・心をすこやかに!

かわいい犬の画像です。




  トップページへ戻る

  池内鍼療院案内

  二人のプロフィール

  健康を守る歌

  憲法9条をまもる

  お勧め商品と講演会

  エスペラントの歌のページ

  歌声喫茶へようこそ!

  落語の世界へようこそ!

  優子の手記

  お勧めリンク集

  メールはここから!





        
笑いと健康談話室



ここでは、池内隆一郎が毎週1回発行している

メルマガから、面白いものを掲載します。  

メルマガの無料購読はトップページへ。 





    歯と健康の話へ

            あまのじゃく鍼灸師の笑いと健康談義

               第38号(2007年4月16日) お子様ランチ

 読者の皆さん、お元気ですか?あまのじゃく鍼灸師の池内です。

 女優鈴木杏樹さんの「いってらっしゃい」というラジオ番組(小さな車大きな

未来の鈴木kk提供)がありました。今回はその放送で聞いた話です。

 ディズニーランドのレストランではお子様ランチは9歳以下の子供に出すとか

で、それ以上の年齢の人の注文に丁寧に断るマニュアルまであるそうです。

 そうしたレストランにカップルが入ってきて、ウェイトレスにお子様ランチを

一つ注文しました。かわって応対に出た若い男性マネージャーが尋ねました。

 「失礼ですが、お子様ランチはどなたがお召し上がりですか?」

 「子供に食べさせようと思いまして」と客の二人が答えます。

 話を聞いてみると、二人には長い間、子供が生まれませんでした。おまけに、

やっと授かった女の子も体が弱くて、1歳になる前に亡くなってしまいました。

今日はその子の誕生日なので、ここへ一緒に連れてきたつもりとのこと。折角な

のでお子様ランチを食べさせてやりたいといいます。

 話を聞いたその男性は一旦引き下がると「ご家族の皆さん、どうぞこちらへ」

と二人を4人がけのテーブルに案内しました。「お子様はここへどうぞ」と子供

用のいすも用意され、やがて3人分のお子様ランチが運ばれました。3人の食事

が始まり、時間は静かに流れました。

 後日、そのカップルからこのレストランに手紙が届きました。

 「ディズニーランドではお陰さまで思いがけないすばらしい食事をすることが

できました。食事をしながら涙が止まりませんでした。この次はきっとあの子の

弟か妹を連れて、4人で食事に参ります」。


       編集後記に換えて

 実は前号のトイレのことで、あるメルマガ読者の方から質問を頂いています。

それで、今回はそのお答えをするつもりでした。けれども、久々に心温まる話を

聞きましたので、皆さんにもご紹介したくなったというわけです。

 蛇足ですが、いくら健康のメルマガだといっても、私はここでお子様ランチの

食材がどうの、栄養価がどうのと議論するつもりはまったくありません。その

カップルの入ったレストランがもし杓子定規な店で、お子様ランチを出してくれ

なかったとしたらどうでしょう。仮に別の店で栄養面では申し分のない健康食

料理を食べたとしても、二人の心の栄養にはけっしてならなかったでしょう。

栄養やカロリーは大事です。食品添加物や農薬には大いに警戒すべきです。とは

いうもののいつもいつもそんなことを考えていては食事がおいしくありません。

食事は体とともに心の栄養でもあるのです。音楽でも聴きながら、楽しい話でも

しながら、出されたものを喜んで、おいしくありがたく頂くこともとても大切な

ことだと思います。

 ちなみに、朝日新聞4月14日付けの天声人語には岡野弘彦さんの次の歌が

載っています。

 砂あらし つちを削りて すさぶ野に 爆死せし子を 抱きて立つ母。

 子供に先立たれた親ほどつらいものはありません。病気で亡くなったのなら、

まだ諦めもできますが、爆弾で殺されるなんて。イラク戦争は、いや、戦争は。

 ああ、これ以上長話をすると、さっきのいい話が台無しになってしまいそう

ですね。失礼しました。m(__)m



            あまのじゃく鍼灸師の笑いと健康談義

    はじめに戻る


               第56号(2007年8月20日) 歯と健康

    読者の皆さん、お元気ですか?あまのじゃく鍼灸師の池内です。

    兵庫県歯科医師会が県内の70歳から89歳の27000人を対象に1ヶ月間

   の医療費を調べたところ、自分の歯が0の人は20本以上ある人に比べ月額で

   およそ15000円高いことが分かったそうです。国民保険団体連合会の協力を

   得て、2005年のレセプトを調べた結果です。これで見ると歯の少ない人ほど

   糖尿病や認知症などの重い病気にかかることが多いそうです。病気にかかる割合

   で比べると、糖尿病では歯が20本以上の人は7パーセントだったのに、0本の

   人は8.2パーセントでした。認知症、心臓病、脳梗塞、肺がんなどでも、歯の

   数の少ない人の有病率が高くなっていました。(神戸新聞7月6日の記事から)

   この調査結果はもちろん正しいでしょう。それでは、この結果を見てあなたは

   どのように思われますか?私にも入れ歯があるからいうわけではありませんが、

   歯の数が少ないから自分も重い病気にかかるだろう、長生きはできないだろう、

   などとは考えないでください。健康情報を追いかけている人が案外不健康な理由

   はここにあります。情報に振り回されて、ストレスが溜まり、かえって健康を

   損なっているのです。(^-^)

    虫歯や歯周病にかからないように普段から正しい歯の手入れをすることは大事

   です。歯の健康と全身の健康とは密接に繋がっていますので、体に気をつける

   のも大切です。しかし、きちっと備えをしていれば、今後の心配はいりません。

   失ってしまった歯についても、嘆くことなかれ。今では入れ歯も比較的簡単に

   作ってもらえます。ぐらぐらの歯を20本残すより、例え総入れ歯でもいいから

   しっかり噛んで食事し、口の中を清潔にしておく方が健康によほど役立ちます。

   自分の歯が全然なくても、健康で長生きした人は大勢いるのですから。(^^)v


         編集後記

    歯に関するエピソードはたくさんあります。

   入れ歯はかなり以前からあったようですが、庶民にとっては高嶺の花だったこと

   でしょう。昔は柘植(つげ)の木を材料にして、職人が手作りしたものです。

   そこで、日本の江戸時代から明治時代にかけて大活躍したのが大道の歯抜き士と

   いわれる人たちでした。「痛い歯はないか。抜いてしんぜよう。」などと人々に

   呼びかけて、希望者があると痛む歯を即座に抜いて何がしかの代金を取ります。

   歯を手の親指と人指し指で挟み、瞬発力を利用して、あっという間に神経をねじ

   切って抜いてしまいます。痛みはほとんど感じなかったとか。

    ところで、明治のはじめ頃、横浜に西洋人の歯医者が開業しました。どこの国

   の何という名前の人だったかは私は忘れてしまいました。そこへあるお金持ちの

   患者がやってきました。歯が痛くて我慢できないというのです。口の中を見る

   なり歯医者は、「コルェワ ヌキャナケルェバ ナルィマセン」と申します。

   そういわれれば覚悟を決めるしかありません。すると医者は大きなやっとこか

   ペンチのようなものを持ってきてその歯を挟むと、「えいやっ!」と引き抜き

   ました。もちろん麻酔なんかかかっていません。いや、その痛かったこと!代金

   をたずねると、な・な・なんと、15円!1円あれば米が20kgも買えた頃の

   15円です。泣く泣く支払いを済まして家に帰ったのですが、歯の痛みは一向に

   治まりません。仕様がないのでもう1度その医者のところを訪れると、「ワタシ

   ヌク ハヲ マチギャーエマシタ。」{{(>_<)}}

    みなさんもご存知の永六輔さんは全部自分の歯だそうです。ほとんど入れ歯だ

   と思いますが…。実は彼はお父さんの代から同じ歯医者さんにかかっていました。

   その歯医者さんは、芸能人はしゃべりが大切だというので、抜けた歯をその

   まま入れ歯として使ってくれるのだといいます。それでずいぶん助かりましたと

   いう永六輔さんご自身のコメントを以前ラジオで聞きました。

    最後までお付き合いありがとうございました。


         このメルマガの趣旨

   現役鍼灸師が、働く庶民の立場から、ときに少し型破りの笑い・健康・環境・

   政治などの情報をお送りします。講読されれば健康雑学博士になれます。実行

   されれば健康で幸せな未来はあなたのものです。(^-^)

   お読みになった感想をどしどしお寄せください。


    はじめに戻る




  トップページへ戻る

  良書、健康本の紹介

  池内鍼療院案内

  二人のプロフィール

  健康を守る歌

  お勧め商品と講演会

  エスペラントの歌のページ

  歌声喫茶へようこそ!

  落語の世界へようこそ!

  優子の手記

  お勧めリンク集

  メールはここから!